21秋メンバー Sさんからのご質問:法人(大企業・中小企業)での「付き合いたい客」をどう判断するか?

比企起業大学 総長の関根です。

21秋メンバーとの「10月ゼミ」であがった質問を基に、動画を撮りました。

それを見てくれたメンバーのSさんから、下記質問を頂戴しました。

動画ありがとうございます。拝見しました。お三方それぞれが絞り込むものが違っていて見応えありました。

1点質問です。客層を絞る場合についてです。BtoBが前提で「付き合いたい客」を想定すると、それが示すのは直接やりとりをする「担当者」なのか、それとも「経営者」なのかということです。

関根さんは「大企業」という絞り方と仰っていましたが、今回のワークシートのような自分の感情(定性的)で判断する場合、どこを見ればいいのでしょうか。「担当者」の人となりで判断する場合は分かりやすいですが、なかなか会うことがないかもしれない「経営者」を示しているとすると、どこを見て「おお、この会社とは付き合いたい!」と判断するのでしょうか?関根さんの経験則が聞きたいです!

今のところ、自分自身は規模50〜80人程度の中小企業をターゲットとして考えていますが、そこが果たして感情的にも「付き合いたいお客さん」なのかはどうやって判断すればいいのかな〜と疑問に思った次第です。ぜひ11月のゼミの時にお話聞かせてください!よろしくお願いします。長々と失礼しました!

(Sさん、ご質問ありがとうございます!)

そこで、某社様での研修が終わった後の呑み会議時、大学院講師の林さん、栗原さんを誘って、また動画で回答しました。

Sさん、いかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる