「比企起業塾」第4期 講座(2)を開講しました!

ときがわカンパニー代表の関根です。

2020年11月14日(土)13時30分~16時30分@Zoomで、「比企起業塾」第4期 講座(2)を開講しました。

4期生は、1名増えて、5名となりました。当日の内容を、差しさわり無いと思われる範囲で、チャットで共有します。

===

13時30分、ラーンネクスト栗原さんの進行でスタート。

13:33:02 開始 関根 雅泰 : 比企起業塾 第4期 講座(2)スタートです!

まずは、今回新たに参加されるムラカタさんの自己紹介から。

13:34:21 開始 関根 雅泰 : 自己紹介:ムラカタさん、ワクワクする会で楽しみ。住宅のインテリアデザイン。子供がいてキャリアを作っていくのが、見えづらい。会社の中で働いていることと、自分のやりたいことと、乖離している。ナオさん(比企起業塾1期生)が、毎日ワクワク暮らしている姿を見て、いいなーと思って。

次に、各自の近況報告。

●講師陣5名

13:36:35 開始 関根 雅泰 : 栗原さん:お客さんにファシリテーション力が上がったと褒められた。大学4年生向けの講義。3年目。
13:37:37 開始 関根 雅泰 : 関根:次男(年長)の「7歳児祝い」がある。
13:37:57 開始 関根 雅泰 : 林さん:共著を書いている。最後のゲラを読み校正。12月に出版予定。
13:39:00 開始 関根 雅泰 : 風間さん:共著を書いている。「ときがわのまちづくり」 まつやま書房さん。ときがわ町、元気だよね。なんでだろう。地域で仕事を創る人に焦点を当てて、本を書いている。比企起業塾 活動報告会の2月27日までに出版予定。
13:40:31 開始 関根 雅泰 : キヨちゃん:都内と地方に拠点。熱海市を盛り上げる活動もしている。寄居町で、新しい染め物の事業をやっている。フジTVで取り上げられて、問い合わせが多い。動画制作の仕事を、Kazumaに紹介。

●4期生の近況報告

13:42:30 開始 関根 雅泰 : Kazuma:企業研修のお手伝いを継続的に。キヨちゃんのお知り合いの方とつなげて頂き、動画のお仕事をしている。大学4年生、卒業後に起業する。

13:46:05 開始 関根 雅泰 : 青ちゃん:社会人3年目。経理。リモートでの追い風があり、緑豊かな場所で、会社に行ける所を探していたら、ときがわ町のシェアハウスを見つけた。会社員をずっと続けていくのか、地域とのかかわりをしていきたく、比企起業塾に入った。ときがわカンパニー通信の1ページに「尾上さん(1期生)」のインタビュー記事を書かせてもらえた。ときがわ本にコラム記事を書かせてもらう。驚いている。

13:48:45 開始 関根 雅泰 : Tさん:キャンプ好き。サラリーマン。週2在宅、週2会社。会社員としての限界を感じた。電車の窓に映った自分の顔を見て、まずいな、と。このまま人生を終わるのは嫌だなと。 キャンプ場の候補地を探しているが、予定の半分ぐらいの広さ。小さい場所で、どう収益を作っていくか。ランチェスター戦略を学べたので、それを活かしたい。

13:50:19 開始 関根 雅泰 : 千春さん:鳩山町で農業。ネギを主に。3年。今年から新しいことを始めようと、起業塾に入った。ネギを出荷しているスーパーの店員さんに「飯島さんですよね」 新聞の折り込みに、TC通信がはいっていて、それを見て声をかけてもらった。 女性向けの研修にも参加。

●前回の約束の達成状況

13:51:16 開始 関根 雅泰 : 栗原さん:小さい約束を守れないと、信頼されない。周りの仲間との約束も守れないと、お客様との約束も守れない。

13:51:53 開始 関根 雅泰 : 林さん進行
13:53:58 開始 関根 雅泰 : Tさん:ランチェスター戦略を、自分のキャンプ戦略に落とし込む。 → フォーマットを作った。竹田式ビジネスモデル、弱者の戦略4大ポイントにまとめてみた。 頭の整理がついた。書きながら、色んなアイデアが浮かんだ。やってみて良かった。

13:55:52 開始 関根 雅泰 : Kazuma: 使った時間を記録に残す。 → 携帯のアプリで、記録に残し始めた。やってみて、次どうするかに目を向ける方が、自分のエネルギーを高めることにつながる。 次、どういうことをやりたいかに、焦点を当てていきたい。

13:57:33 開始 関根 雅泰 : 青ちゃん:ときがわカンパニーを作ったと見せる。 → フライングで見せてしまった。気づいたこととして、ブログに、自分の思ったことを書くことをしてきた。 人の話を聞いて、その人を表現するというのは初めてで面白かった。 これを読む人が、どう動くかまでは、到達できていない。それが、今後の課題。 引き続き、インタビュー記事を書いてほしいという依頼をされた。
13:58:55 開始 関根 雅泰 : キヨちゃん:業界や料理に関する記事も書ける? https://tokigawa-company.com/onoue-san-aochan-interview/

14:00:02 開始 関根 雅泰 : 千春さん:SNSでの発信。 →3日間だけ、きつかったが、1か月間やってみた。 気づいたこととして、自分だけの景色を、皆さんに見せられたらと、反響もあって、周りも見てくれていた。

14:01:06 開始 関根 雅泰 : ムラカタさん:今の気持ちを感じ1文字で表すと、「進」 やっぱり会社員のままでいいのかと考え、自分で考えた道を進みたい。今年は、進むための準備期間にしたい。自分らしいライフスタイルで、進んでいきたい。

●事前課題本「ストーリー思考」の感想

14:02:07 開始 関根 雅泰 : 風間さん進行:課題本「ストーリー思考」の感想。自分だけで読むと大変だったかも。読んでみての感想、気づき、自社事業への応用等を共有。

14:10:07 開始 関根 雅泰 : 千春さん:こういう本を読んだのが初めて。文章だけでなく、絵をかきながらが難しく。理解できなかった点もある。気になった点は、ストーリーをもって事業をするというのは大事。農業で、ただ作物を作って売るだけだと面白くない。誰に届けたいか、誰を笑顔にしたいかは、勉強になった。100%ではなく、120%ハッピーになってもらうというのが印象的。スーパーに卸すまでは見えている。その先の料理している人や食べている人の笑顔を考えられると、より事業が上手くいくのではないかと思った。 ブランディングも考えている。今後新しい野菜を作っていく際、ストーリーをもって、優れたネーミングを考えられたら。

14:14:51 開始 関根 雅泰 : Tさん:読み物なのか、ワークなのか、読みながらやるのが難しかった。もう1回ちゃんとやってみたい。 120%ハッピーにしたい人、息子で考えてみた。息子のセリフと、自分の本心が一緒で面白いな。(120%ハッピーにしたいのは自分) お客様にどれだけ喜んでもらうか、幸せにしていくか、それに向けて自分を変えていくのかが大事。そういう空間となるようキャンプ場を経営していきたい。  ブランディング。ストーリー仕立てのウェブサイトにしていきたい。単純にキャンプ場の設備の説明ではなく。お客さんが主人公になれるような。自分にはセンスが無く、皆さんの力を借りたい。ストーリー思考は、ビジネスに生きる。

14:18:52 開始 関根 雅泰 : 青ちゃん:字は追っているが、意味が分からない。こういうことを考えるのが苦手。普段、数字ばかりみている。イメージを膨らませるような頭の使い方をしていない。 やってみたら、何か見えるかなと。やってみても、同じような曲線のみ。 自分の気持ちしか出てこない。とりあえず、私は仕事をしたくないんだなということが分かった。  廃棄野菜に関して、フューチャーマッピングを描いてみた。作り方、使い方の提案も含めた売り方にした方がよいのかな。小さく、特定の人たちを対象に進めていく方が、実現可能性がありそう。

14:27:17 開始 関根 雅泰 : Kazuma:以前、この本を読んで、スキーに行った。スキー場に来る人は、スキーという体験、ストーリーを買いに来ているのではと思った。例)子供達を喜ばすために、スキー場に来ている 単純にスキーに来ているわけではない。 研修に終わった後に、「飲み会議」をする。関根さんが、なぜ皆におごるのか?を考えた。それは、皆が喜ぶというストーリーを見たいからかなと。 栗原さんから、「Kazumaの行動は、全て想像できちゃうんだよね」と言われた。栗原さんは、焼き鳥屋さんの店員さんとも話をする。ストーリーを生み出すような心がけをしていくと、新しいサービスを生み出せるのでは。周りの人をハッピーにすることにつながるのかなと。 自分は自己肯定感が低く、車の試験を受けて落ちたらどうしようと不安だった。免許を取って、親を喜ばせたいと思っていた。 自己肯定感の低さや環境が、自分を変容させる難しさにつながっていたのかも。

14:32:10 開始 関根 雅泰 : ムラカタさん:目からうろこ。自分自身で制限をかけていた。それがワクワクしない原因だったのかと。会社員で働いているのは、周囲から見ても、安定している。メリットがあると、言い聞かせてやってきていた。 今回コロナになって「あれ?」と思った違和感に、この本が気づかせてくれた。自分自身のストーリーが描けていないから、ワクワクしないんだなと。さらっと読めるかと思ったら、時間がかかった。美女と野獣のワークが面白かった。野獣を選んだ。これでいいんだろうかと思っていた。それがあったからこそ、前に進むきっかけをもらえた。 今までの仕事は、色々な人のライフスタイルを、住空間にデザインとして落とし込んでいた。 自分のオリジナルのストーリーを自ら考え、進んでいくのが、ワクワクする。 自分のストーリーの写真を、ピンタレストから引っ張って貼りだしている。ワクワクが止まらない。楽しい時間だった。久しぶりにワクワクした。

●フューチャーマップ(未来地図)の作成

14:38:16 開始 風間 崇志 : ・フューチャーマッピング=未来を描く手法
14:39:16 開始 風間 崇志 : ・描いたものは、毎日目にするところに貼っておく
14:39:52 開始 風間 崇志 : ・経営者の仕事は未来を考えること
14:40:34 開始 風間 崇志 : ・達成できなくても目標を立てるのは大事

14:41:29 開始 関根 雅泰 : 14時40分~ 林さん進行で、フューチャーマッピングを描く。
14:43:00 開始 Kyohei Kiyota : 未来志向の習慣づくりが大事かなと!
14:43:02 開始 Kyohei Kiyota : https://hitorism.com/think-about-the-future
14:43:47 開始 関根 雅泰 : キヨちゃん、ありがとう!

14:43:57 開始 風間 崇志 : ・フューチャーマッピングの期間  11月14日(土)~2月27日(土)
14:49:33 開始 風間 崇志 : ①課題 ②ハッピーにしたい人 ③ハッピーにしたい人が、活動報告会のときに、どんな言葉をかけてくれたか
14:50:19 開始 風間 崇志 : 15:00まで個人作業(カメラはオフで)
15:01:14 開始 風間 崇志 : 休憩 15:10まで

休憩時間に、iofficeにやってきた次男(年長)。

今日は、ときがわ町主催の「7歳児祝い」の日です。皆さん、ありがとうございます。

15:01:17 開始 栗原直道 : 15時10分からスタートです
15:18:20 開始 関根 雅泰 : Tさん: 課題:キャンプ場のオープニング時期を告知  ハッピーにしたい人:奥様

ムラカタさん: 課題:育児と仕事の両立  ハッピーにしたい人:娘さん

千春さん: 課題:営業力をつける  ハッピーにしたい人:旦那さん(飯島さん)

カズマ (課題)自立する (ハッピーにしたい人)親

青ちゃん (課題)何にフォーカスして活動していくのか (ハッピーにしたい人)林さん


15:19:39 開始 風間 崇志 : ・どんなギフトをもらうのか? ・どんな物語があると、そのギフトにつながるか
15:19:58 開始 風間 崇志 : ・利き手の逆の手で曲線を書く
15:20:29 開始 風間 崇志 :  右上から左下に
15:20:49 開始 風間 崇志 : ・曲線の右側は虚構の世界、左側は現実の世界
15:21:31 開始 風間 崇志 : ・曲線の気になる部分に矢印をつける(5~7個)
15:28:51 開始 風間 崇志 : 個人作業 ①120%ハッピーにしたい人の現状のセリフ ②活動報告会のときにもらったギフト ③曲線の右側(虚構の世界)120%ハッピーにするためのストーリーを書く
15:29:03 開始 風間 崇志 : ④気になるキーワードに丸をつける

15:31:12 開始 風間 崇志 : ムラカタさん ・今日の感想 ・次回へのベイビーステップをメールで

15:31:39 開始 風間 崇志 : 個人作業 15:40まで
15:46:30 開始 風間 崇志 : ・キーワードに丸をつけるところまで(5~7個)
15:52:31 開始 風間 崇志 : ・実際の課題解決のために、どのように行動したらいいのかをキーワードから現実世界に落とし込む
15:53:36 開始 風間 崇志 :  → 課題解決のための自分の行動

15:55:01 開始 風間 崇志 : 個人作業 16:10まで ①物語上のキーワードから行動を考える ②タイトルをつける

16:13:16 開始 栗原直道 : キーワード 不安と将来
76歳までイメージできるような土地取得 ・キャンプしながら
周りを巻き込む

16:15:55 開始 栗原直道 : ちはるさん
リーキ育っている
対面・直接ヒアリング
コミュニケーション・プレゼン
何気ないところから声がけ 人とのつながりは価値

16:17:44 開始 関根 雅泰 : Kazuma:ミスして当たり前、成功体験を増やす 自己肯定感があがり、自立につながるのでは。

青ちゃん:自分史上最強 ほどほどに休憩できるのがときがわ町では

●次回に向けての約束

16:19:14 開始 風間 崇志 : 個人作業 2分間 ベイビーステップ「明日から何やる?」

16:22:39 開始 関根 雅泰 : 約束の共有 青ちゃん:フューチャーマッピングを完成させ、自分の方向性を定める

16:23:01 開始 関根 雅泰 : Tさん:友人に候補地に来てもらい、意見をもらう。

16:24:00 開始 関根 雅泰 : 千春さん:営業の方法を考える 口コミ・紹介で販路が広がっている中、自分で行ける方法を考える(能動的な営業)

16:25:03 開始 関根 雅泰 : Kazuma:自立に向けての行動回数が少ない PCに向き合う時間が長かった それが習慣化しているので、別の方向に向ける 外に1日1回は出る その中で、人との会話をする時間を作っていく

●クロージング

16:25:56 開始 関根 雅泰 : 今日の感想を一言ずつ

16:26:38 開始 関根 雅泰 : Kazuma:前回やったタスクの管理のお陰で、今回のフューチャーマッピングがしやすかった。

16:27:12 開始 関根 雅泰 : 千春さん:かいてみて、頭がすっきりした。今後やるべきことが見えてきた。

16:27:40 開始 関根 雅泰 : 青ちゃん:本当に苦手なこと。でも避けて通れない。方向性を定めるという自分が苦手なことに向きあえる大切な時間。

16:28:08 開始 関根 雅泰 : Tさん:ストーリーから、課題解決に結びつけるが難しかった。ブラッシュアップしたい。

ムラカタさん:昨日の率直な感想として…
昨日は色々準備が追いついていなかったので、次までに本を読み直したり、考えを深めたいと思いました。また、色んな方のストーリーと交わっていく、これからが楽しみになりました◎

===

●次回

16:29:00 開始 風間 崇志 : 次回 12月5日(土)清田さん特別セミナー
16:29:13 開始 関根 雅泰 : 次回は、12月5日(土)9時~11時 キヨちゃんの「特別ウェビナー」
16:29:57 開始 Kyohei Kiyota : ありがとうございました!!
16:30:17 開始 栗原直道 : きよちゃんありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる