比企起業大学 21春学期生からのメッセージ:楠田理恵さん

比企起業大学に、2021年4月に入学した楠田理恵です。入学して1ヶ月が経過しました。

今日までを振り返って、「入学しての感想」と、「参加を検討している方へのメッセージ」をお伝えしたいと思います。

【自己紹介】
まずはざっくりと自己紹介をさせていただきます。私は2020年6月に前職を退職し、今後はフリーランスとして活動していきたいと考えておりました。理由としましては、小学生と幼稚園の子供がおり、組織の規則や慣習に縛られない柔軟な働き方をしたかったこと。2018年にキャリアコンサルタントという資格を取得したので、その資格を活かした仕事をしたかったこと、などが挙げられます。

さらに、このコロナ禍。自宅でもできる仕事がしたいとますます思うようになりました。ただ、フリーランスと一言で言っても、色々な働き方があることが分かってきて。行動したり、情報収集したりするうちに、自分は起業がしたいと考えるようになりました。そのプロセスの中で、比企起業大学とも繋がりました。

関係者の皆様とオンラインやメールで数回にわたりお話もさせていただき。決して強く勧められることはなく、私の気持ちが固まるのを待っていてくださいました。質問にも丁寧に答えていただき、あとはもう、迷いよりもワクワクが上回って入学を決めました。ちなみに迷いというのは、本当に自分が起業して上手くいくのだろうか、という不安に起因していました。

【入学しての感想】
一番嬉しく思っているのは、様々な背景を持つ方との繋がりができたことです。同じ会社や同じ属性の人とばかり繋がっていると、発想が偏ったり、自分のことを説明するのをサボってしまったり、ということに陥りがちです。ラクなんですけどね。多くを語らなくても、分かり合えてしまいますから。でも、広がりがありませんし、ビジネスチャンスも狭まってしまいます。

こうして偶然集まった同期の皆様や、様々な方面で活躍される講師・先輩の皆様とお話できるのは、非常にありがたい機会です。また、起業という目標を持っている点は共通していますから、皆様とても優しく、温かいです。

もう一つは、毎月課題が与えられるのですが、それが厳選された良質な課題であるという点です。ここで紹介されなかったら読む機会がなかっであろう本と出会えたり、出会うこともなかったであろう先輩方の貴重な体験談を聴けたり。さらには、非常に考えさせられる「問い」を投げかけられます。その問いの答えを見つけることが、その月のメイン課題になっています。この「問い」が、素晴らしいのです。その答えを、月末の意見交換会までに考えておかなければいけないのですが、常に考えていると、色々なアイディアが湧いてきて、アップデートされていきます。これこそが最大の効果だと思っています。

【参加を検討している方へのメッセージ】
参加を検討している、ということは、起業に対して興味がある、ということかと。でも、迷ってしまう気持ち、分かります。だけど、気になる…そんな時は、一度、大学総長の関根さんや講師の林さん、風間さんたちとお話してみてはいかがでしょうか。

すでに卒業し、様々なフィールドで活躍される先輩方もいらっしゃいます。4月から学び始めている同期の皆様も。私でもよろしければ、お話お聴きします\(^o^)/本来なら締め切った春入学ですが、5/9まで延長していただけるとのこと。次は秋入学まで待たねばなりません。せっかくのチャンスなので、気になる方はぜひ、このGW中に検討してみてください!

===

リエさん、ありがとうございます!

リエさんのツイッター: https://twitter.com/kkd116

===

あわせて読みたい
比企起業大学 21春コース 5月9日まで、お申込み可能です。
比企起業大学 21春コース 5月9日まで、お申込み可能です。比企起業大学・比企起業大学院 総長の関根です。2021年4月1日に、入学式を行いスタートした比企起業大学 21春コースですが、開学後も「まだ、参加って間に合いますか...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
目次
閉じる